増税法案衆院で可決。市民の暮らしは?

 衆院で増税法案及び社会保障の関連法案が可決しました。残念です。テレビでは、民主党から何人の反対、欠席が出たかを中心に報道しています。確かに、多数の造反者が出たことは、政局に影響が出る可能性が多々ありますので、関心は高いでしょう。でも、消費税の増税という庶民の暮らしに直結する法案が衆議院で可決したことが重大だと思います。国民の6割を超える人が増税反対の意思表示をしています。明日、急遽朝の訴えを行います。
 武蔵野市議会では、外環道路特別委員会に提出された、「外環本線の中止を求める」陳情の採択をめぐり、一日議会で採択に向け頑張りました。結果は、陳情者が陳情を取り下げ、議員提出議案として意見書を提出することになりました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック