「原子力規制委員会」しんぶん赤旗を締め出す。

 「しんぶん赤旗」を排除する、原子力規制委員会の不当な取材規制に、インターネットでも「規制の相手が違う!」と怒りの声が広がっています。学者や評論家の方も、「民主主義国家では考えられないこと」 「(規制委員会は)都合の悪いことを隠す体質は変わらない」と批判続出です。「特定の主義主張を持った機関紙はご遠慮いただきたい」と赤旗記者の排除を強行している、規制委員会が次に言い出したのは、「会見室の広さ」です。要するに、しんぶん赤旗に書かれたらまずいことがあると言っているようなものです。

この記事へのコメント

  • ホオズキ

    東京新聞28日付けに「赤旗を会見から排除」「原子力規制委、揺らぐ公開性」「表現の自由脅かす」と書いていました。毎日新聞29日は、吉永記者名で『「原則公開」でも「赤旗」除外』で「透明性に疑問の声も出ている」と原子力規制委員会の「赤旗」締め出しを批判していました。共産党さんがんばってください
    2012年09月30日 14:05

この記事へのトラックバック