旧中島飛行機製作所跡(戦争遺跡)の存続を

 今日の都市計画審議会で、都立中央公園の拡大の議案が諮問されました。広がるところは、中央公園に隣接している旧緑町都営住宅敷地内の1.1haです。この場所は、70年以上前、東洋一の軍需工場、中島飛行機製作所があったため、東京で一番最初に空襲にあった所です。敷地内に当時の変電所跡地があります。存続を求める要望が市民の方からあります。そのことは、ことあるごとに共産党としても申し入れてきました。今日の委員会でも同様の質問をしましたが、市も東京都に要望したいと答弁がありました。緑町の都営住宅に住んでいる方からは、公園利用者の無断駐車が問題になっていることも紹介しました。これも今後東京都と協議していくと答弁がありました。

この記事へのコメント

  • 区民

    当時の社名は中島飛行機製作所ではなく中島飛行機(株)ですね。
    2012年12月11日 11:36

この記事へのトラックバック