敦賀原発、直下に活断層の可能性

 マスコミ報道でも、敦賀原発(福井県敦賀市)の2号機直下を走る破砕帯は活断層である可能性が高いことがあきらかになりました。活断層となると設置方針からして廃炉になります。日本にある原発を本格的に調べたら活断層と無縁の原発はありません。数日前も地震がありました。原発の再稼働はあり得ません。「即時原発ゼロ」という方向は、一番正しい道だと痛感します。
 原発の問題と共に今、恐ろしいと感じていることは、「憲法改正」と声高に叫んでいる政治家がたくさん出てきていることです。憲法改正(改悪?)の狙いは憲法9条を変える、または都合のいいように解釈することです。自衛と称し、他の国に戦争に行くことを可能にする、この動きは絶対に止めなければと、強く思っています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック