大手メディア、安倍首相との会食相次ぐ!

 「ブルータス お前もか」と言いたくなる、大手メディア幹部との安倍首相の相次ぐ会食。1月7日、読売新聞、渡辺本社社長。8日、産経新聞、清原会長、熊坂社長。2月7日、朝日新聞、木村社長。14日、産経新聞、清原会長。15日、共同通信、石川社長。3月8日、日経新聞、喜多社長。15日、フジテレビ、日枝会長。22日、テレビ朝日、早河社長。28日、毎日新聞、朝比奈社長。4月4日、朝日新聞、政治部長、時事通信、解説委員、読売新聞、論説委員長ら。5日、日本テレビ、大久保社長。この他にも「報道関係者」との会食が行われています。驚くべきことです。首相がメディアの幹部と会食することは、時の政府にとって有利な報道を期待しているとしか思えません。欧米では考えられないことです。そんなことをしたら、メディアの独立性を失うからです。私たちが一番知りたい事実や知らなければいけない事実が知らされないままになったとしたら、恐ろしいことだと思います。原発問題などで考えてみてください。メディアの姿勢を問いましょう。「メディアよ!みんなで渡れば怖くない」などとは言わせません。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック