共産党演説会で、小池晃副委員長がお話しました。

 今日は、武蔵野・三鷹地域の共産党演説会でした。強風の中、ご参加しただきありがとうございました。会場いっぱいの参加でした。弁士は、30歳、32歳のフレッシュな小川 明弘武蔵野市都政・青年対策室長、参議院東京選挙区予定候補 吉良よし子さん、そして、NHK日曜討論会に出席し、その後川崎の共産党後援会主催の集いに参加後、三鷹産業プラザ(武蔵野・三鷹地域の演説会場)に駆け付けられた小池晃党副委員長です。小池さんの話はいつ聞いてもわかりやすく、日曜討論会の様子なども織り交ぜての話に会場は沸いていました。小池晃さんは、武蔵野市の大野田小学校、第四中学校を卒業していますので、たいへん身近に感じている政治家です。テレビの討論会なども、党を代表して出演しています。朝のテレビ出演は早朝に自宅を出ないとならないとのこと。体も丈夫でないと続きません。体を大切にしながら頑張っていただきたいと思います。午前中は、党の会議で司会。演説会の前は、地域で長年共産党員として頑張ってきたYさんが亡くなり最後のお別れに伺いました。92歳でした。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック