安倍政権の「成長戦略」はまやかしです。

 安倍首相が「成長戦略第3弾、一人あたりの国民総所得(GNI)を10年間で150万円増やす」打ち出しました。国民総所得 GNIとは、企業の海外投資による利益も含んでいますから、かりにGNIが増えたからといって、賃金が増えるわけではありません。小泉内閣の5年間では一人あたりGNIは18万円増えましたが、一人あたり賃金は16万円も減りました。安倍内閣の下で、解雇の自由化や消費税増税、社会保障の大改悪など賃金引下げ、負担増をすすめながら、国民の所得を増やすような宣伝はペテン師のようです。今、大事なことは働く人の賃金を引き上げ、安定した雇用を増やすこと、中小企業を元気にする政策を進め、内需を活発にすることだと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック