選挙後離合集散が進むのか?

 
画像
参議院選挙で立候補者全員が落選した「みどりの風」は代表が辞任。同党の国会議員は亀井静香、阿部知子両氏とニュースが流れました。亀井静香衆院議員は元自民党の議員で、阿部知子衆院議員は少し前まで社民党の衆院議員でした。違和感を感じます。政党とは「共通の政治的目的を持つ者によって組織される団体」であると辞典に書かれています。同じニュースで今度は、「みんなの党」「民主党」「維新の会」の幹部が政界再編で話し合いの報道。参院選投票日に懇談が行われていたとのことです。政策が違うから別の党なのに、なんでもいいから数を集めてという姿勢なのでしょうか?武蔵野市議会では、24日付で会派の変更について報告がありました。武蔵野市議会の会派「むさしの未来」から二名の男性議員が離脱。新会派を二人で結成。「むさしの未来」は残された二人の女性市議となりました。男性市議は元々、保守系の議員ですから会派を組むのはわかります。残された女性市議は、市政に対するスタンスが違います。会派とは「議会で政治上の政策・主義・目的などを共有する議員が集まった団体」と辞書で説明していますが、国会も含め、ただの数合わせでは会派とは言えないでしょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック