政治家の言葉

 9日、長崎の平和式典で田上富久市長が訴えます。「今年4月、ジュネーブで開催された核不拡散条約(NPT)再検討会議準備委員会で提出された核兵器の非人道性を訴える共同声明に、80カ国が賛同しました。南アフリカなどの提案国は、わが国にも賛同を求めました。しかし、日本政府は署名せず、世界の期待を裏切りました。人類はいかなる状況においても核兵器を使うべきではない、という文言が受け入られないとすれば、核兵器の使用を状況によっては認めるという姿勢を日本政府はしましたことになります。これは二度と、世界の誰にも被爆の経験をさせないという、被爆国としての原点に反します」と政府の態度を批判しました。優しい語り口でしたが、核廃絶に対する貫かれた姿勢を感じます。
 一方、甘利経済再生担当大臣が消費税の来年4月引き上げに対し、幅広く意見を聞くとテレビで説明していました。甘利大臣は「総理から予断をもたず、賛成の意見も、ネガティブな意見も聞くようにと指示された」と発言しました。賛成と言うなら反対の意見と続くでしょ!ネガティブと言う言葉になる大臣の姿勢に、本質が表れていると感じました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック