議会代表質問

 議会二日目は、市長の施政方針に対する会派代表質問です。いろいろな角度から質問がありましたが、複数の会派から質問が出たのは、「待機児童対策の推進」の項目です。今後2年間で300名程度の保育定数を確保し、待機児ゼロの実現を目指すことについてです。2年間で待機児ゼロは市長選挙の公約でもあります。目標を300名としたのは、今年度181名の待機児に対し、毎年90名ほど待機児が増加している。現在、認可外の保育室等で60名ほどの定数を確保したので、181名+90名×2年-60名(保育定数を確保した分)=約300名です。待機児童181名は認証保育所などに入った人は、含まれていません。認可保育園に入れなかった人は354名でした。来年4月から認可保育園に入園を希望している人は、今年度より増加します。新聞報道でご存じの事と思いますが、ありんこ保育園が改築し、2015年4月から保育定数を22名から66名に増やし、3歳以上の保育も行うことになりました。この計画が、1年早ければ、2014年度の待機児対策となれたのですが。引き続き、待機児対策を求め、提案をしてまいります。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック