安倍政権、次は武器輸出か!

安倍政権が、23日全面的な武器輸出禁止政策を放棄し、これに代わる新たな武器輸出管理原則の素案を固めました。日本は武器輸出を全面禁止しています。今回の提示された素案は時の政府が武器輸出の可否を判断できるように変更することが柱となっています。日本が武器輸出を禁止しているのは「平和国家としての立場から、国際紛争等を助長することを回避するため」とした1976年の政府統一見解です。集団的自衛権行使と共に、これまでの国会審議の積み重ねをも踏みにじる暴走です。今日の市議会代表質問でも、これらの問題に触れ質疑を行った議員が複数いました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック