東日本大震災3年。深刻な実態が明らかに!

3月11日に、宮城県多賀城市の友人を訪ねた人から話を伺いました。「まったく、復興なんて進んでいない」強い口調で言われました。しんぶん赤旗がおこなった「被災者300人実態調査」でも、深刻な実態がわかります。「仮設を出る見通しが立たない人」が8割以上。「仮設から移れない人」が57%。「生業の再建困難な人」が63%。「公的支援を復興の原則にすべき」と考える人が86%になっています。「消費税の増税で影響は」の問いに何と! 96%が「打撃になる」と答えています。「原発の再稼働に反対」は74%となっています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック