「議会基本条例」の研修会。

武蔵野市議会が主催した「議会基本条例により議会がどのように変わるのか」と題する研修会に参加しました。 「議会基本条例」は現在、500をこえる自治体で、制定されています。講師の先生は、いくつもの自治体の事例をあげ、議会の役割の重要さを力説していました。「議会基本条例ができたら議会は変わるのだろうか?」武蔵野市議会で、「議会改革」と言いながら、本会議に条例が上程された時に質問できないと決めたのは「議会改革」という名の「議会改悪」でした。現在は、若干修正し、質問回数、時間制限を設けて本会議質問ができることになりました。「議会基本条例」の必要性を議論する中で、議員の役割を自覚し、どう変わるのかが問われると思います。
画像
 サンバリエ桜堤に咲いていたパンジーです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック