武蔵野市の桜まつり

画像
 長野県 川上村のマスコットキャラクター 「レタ助」です。川上村はレタスの生産量 日本一。川上犬は、純血の日本犬で長野県の天然記念物に指定されています。「レタ助」の名前の由来は、この二つにあるようです。「レタ助」が本日行われた「武蔵野市の桜まつり」に登場しました。(川上村は武蔵野市の友好都市です。他に、富山県南砺市、鳥取県 岩美町、長野県 安曇野市などがあります)天気予報で、午後から雲行きがあやしいと言われ心配していましたが、友好都市の物産品は午前中にたくさんお買い上げいただいたようです。「桜まつり」にご参加いただきありがとうございました。
話題は変わり、地元情報です。工事が行われていました、西側の側道が4月21日開通することとなりました。旧山中踏切から小金井市と武蔵野市の市境までです。自動車の走行は、西から東の一方通行になります。合わせて、新設の2本の交差道路も開放されます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック