武蔵野市、国保税の値上げを運営協議会に提案。

今日、行われた国民健康保険運営協議会で、国民健康保険税の値上げが提案されました。値上げ案は課税の限度額を医療分を50万円から51万円に。後期高齢者支援金文を13万円から16万円に。介護納付金文を10万円から14万円に。それぞれ上げ、総額8万円の値上げとなります。均等割り額(国保に加入している人1人につき加算される分)は医療分と後期高齢者支援金文の合計で、年間4000円の値上げです。所得の低い人に対する減免制度の、7割軽減の人は、2250円の新たな値上げ。5割軽減の人は、2000円の値上げ。2割軽減の人は3200円の値上げといずれも値上げとなります。
 国民健康保険に加入している人は、高齢者の方や社会保険に加入していない業者、社会保険に入れない不安定雇用の人などが入っている医療保険です。今でも、「国民健康保険税が高くて払えない」と訴える人がたくさんいます。私は、国民健康保険税の値上げに反対です。本来は、国がもっと国民健康保険財政に国費を投入すべきです。その要求と共に、武蔵野市にも一般会計から国保財政に繰入金を増額することを要求していきます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック