1位は「へいわってすてきだね」

 全国の絵本専門店・書店の児童書担当者が選ぶ「第7回MOE絵本屋さん大賞」の1位に、沖縄県の安里有生君の詩を絵本にした「へいわってすてきだね」が選ばれました。
「へいわってなにかな。」から始まる有生君の詩は、「へいわってすてきだね。これからも、ずっとへいわがつづくように ぼくも、ぼくのできることからがんばるよ。」で終わります。
 絵本の絵を担当した、長谷川義史さんは「絵本は時代を映すという。平和への危機感があるから、この本が注目されている」「優しい心から平和が生まれることを大人も安里君に教えてもらった。一人でも多くの人にこの本を届けたい」と語りました。
 早速、読んでみようと思っています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック