京王閣競輪場での、窃盗事件について

6月24日の夕方のニュースで、京王閣競輪場の事業組合の元職員が窃盗容疑で、逮捕されたと報道。
 翌25日は、市議会本会議の最終日でした。 私たち議員のポストに投函されていたのが、東京都十一市競輪事業組合からの「京王閣競輪場早期払戻資金窃盗事件について」です。
 京王閣競輪場は武蔵野市を含め十一の市が一部事務組合を作り運営しています。
 事件の概要は、3月31日まで、十一市競輪事業組合の構成市である国分寺市から派遣されていた、容疑者が6月23日に窃盗容疑で逮捕された。
 逮捕容疑は平成27年3月22日から31日の間、組合事務所内金庫に保管してあった早期前売投票所における払戻資金 621万6000円のうち現金500万円を盗んだ容疑です。
 3月31日に、現金500万円が不足していることが判明し事件が発覚しました。
 4月1日から、金庫内の現金の保管は必要最小限とし、金庫の使用、現金等の確認は複数人で行ない、今後、更なる再発防止に努める。と事務組合からの報告にありますが、事件の全容解明が求められます。
 武蔵野市議会からも、二名の市議が「十一市組合議員」として選出されています。
 しっかり、組合議会でも真相解明とともに情報公開をしてい頂きたいと思います。
 当然、武蔵野市議会への報告も求めたいと思います。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック