羽田空港の飛行機発着増加を検討

 首都圏の国際競争力の強化、訪日外国人旅行者の増加、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の円滑な開催等を理由に国は、羽田空港の更なる機能強化を打ち出しました。
 国際線については最大で年間3.9万回の発着の増加が可能になる飛行経路案を検討しています。
 武蔵野市は、飛行経路下ではなく、上空を飛来しないため、航空機からの騒音、航空機からの落下物等の影響は無い。と議会に説明がありました。
 この件について、東京の共産党地方議員団として、国から説明を受けることになっています。
 羽田空港の件とは、直接つながりませんが、この頃、飛行機などの音がうるさいと感じませんか?
 決まった時間に大きな音で、飛行機やヘリコプターが大きな音をさせて飛んでいます。
 数年前から比べて、飛行回数も増加し、音も大きくなりました。
 横田基地へのオスプレイの配備計画などもあり、どんどん私たちの上空にまで、いろいろなことが起きているようで怖さを感じます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック