「医療費無料」を学びに、日の出町に行ってきました。

 何度かブログでも紹介している、東京都日の出町の75歳以上医療費無料制度。
 新婦人の人たちと勉強に行ってきました。
 今日の勉強会のテーマは二つ。
 一つは、日の出町が2009年から実施している「75歳以上の医療無料制度」です。
 二つ目は、居場所づくりの実践を学ぶため、「いこいの家」の見学です。
 午前中は、日の出町の役場で、高齢者医療費助成制度について説明を受けました。
 全国から注目されている制度ですから、視察がかなりあり、市民団体の視察は受けていないそうですが、今回は特別に視察を受けてくださいました。ありがとうございました。
 前町長の提案で、75歳以上の医療費無料化が始まった経緯。現町長の公約で実施された、がん医療費の助成制度についても説明を受けました。
 かかった医療費の領収書を役場に持っていけば、窓口の職員が対応してくれるという、面倒な手続きがないシステムに感心しました。
 「無料化すれば、医療費が増えるという」懸念に、東京都平均(高齢者)の医療費から比べ、日の出町は約20万円も一人当りの医療費が低い実態。などなど学んできました。
 午後は、私の実家で行っている「いこいの家」で、89歳を筆頭に行われた太極拳を見学。
 帰路は、横田基地の周辺を通り、盛りだくさんの勉強会となりました。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック