広島から帰ってきました。

 8月6日、広島の平和公園に立ち、「核兵器の廃絶を誓う」。
 平和式典後に行われた、原水爆禁止2015年世界大会は閉幕式を迎えた。
 70年前の広島で、爆心地から3キロのところで発見されたピアノで、演奏するジャズピアニストの吉井さんも、被爆者の方でした。
 体調不良のため大会に参加できなかった、長崎の被爆者、谷口さんはビデオメッセージで70年前のあの日を語りました。命の続く限り被爆の実相を語り続けるという、谷口さんには、戦争法案の廃案をみんなで勝ち取り報告したいと思いました。
 閉会総会は、世界の国々、日本全国で取り組まれている平和の活動が報告されました。
 
画像

 そして、最後は全員合唱で幕を閉じました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック