辺野古承認取り消し

 今日、沖縄県名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認を、知事が正式に取り消しました。
 画期的な出来事です。
 9月議会で、「辺野古新基地建設に反対」との趣旨の意見書を可決した武蔵野市議会の一員として、知事の決断を評価し、応援します。
 昨年1月の名護市長選挙、11月の県知事選挙、12月の衆議選県内全4小選挙区での移設反対派の勝利は沖縄県民の民意をはっきり示すものです。
 安倍政府は埋め立て続行の姿勢を崩していませんが、新基地反対と訴える沖縄県民の声を聞くべきです。

 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック