臨時国会の開会を要求

21日、共産党を含め野党5党などが衆院議長に臨時国会の召集を求め、要求書を提出しました。
 自民・公明の与党は国会の開会に消極的です。
 憲法53条は、衆参両院いずれかで4分の1以上の議員が要求すれば、内閣は臨時国会を召集を決定しなければならない、と規定しています。
 TPPや安保の説明などもありますが、新大臣の「政治とカネ」の問題や週刊誌を騒がせている問題など、国民に説明する責任があると思います。
 早急に臨時国会を開くべきだと思います。
 来年、参議院選挙に共産党から立候補を予定している、山添拓さんのポスターが我家の塀に貼ってあります。
 ポスターを見た人が「若い人だね」「共産党に期待してますよ」と声をかけてくれました。
  

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック