消費税の調査書が届き、ビックリ!

 知人から「こんな調査書が届いた」と見せてもらったのが、税務署からの「消費税の転嫁拒否等に関する調査」です。
 どうやら、無作為に業者を絞って税務署が送ったもので、本来は中小企業庁が発送すべき文書を納税者のデータを持っていないために税務署に委託したようです。
 趣旨としては、4月から消費税が増税されましたが、商品を卸しているなどサービスを提供している相手が増税分を支払ってくれない場合に告発するというものだそうです。
 任意の調査なので提出の義務はないそうです。
 個人でお仕事をされている人は、消費税に関すること、税務署から書類が送ってきたとなれば驚きますよね。
 「消費税増税は中止」が、中小業者の営業を守ることであり、消費者の生活を応援することですよね。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック