調整計画策定委員と意見交換

画像

 武蔵野市第5期長期計画・調整計画案の策定を行った委員の方との意見交換会が行われました。
 25名(議長を除く)の議員全員が発言しますから、時間制限があるのはわかりますが、一人10分は短すぎます。
 私は、1、待機児童対策の推進。① 待機児童対策の柱である認可保育園をしっかり位置づけること。 ② 子ども・子育て支援制度への対応 ③ 公立保育園の役割 2、児童館の役割について 3、市民会館と社会教育について 4、財政計画の4点に絞り意見を述べました。
 意見交換のやり取りは、明日報告します。
 策定委員との意見交換で、他の議員の発言で看過できないものあり、委員会の内容を今日すべて報告する時間がなくなりました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック