自民党「ウソつかない。TPPは断固反対」のはずでしたが?

 TPP(環太平洋連携協定)が大筋合意の報道が伝えられます。
 2013年の国会決議では、米、麦、乳製品、牛肉・豚肉、砂糖などはTPP交渉から除外あるいは再協議(先送り)するとしています。
 ところが、安倍政権は、これらの項目も協議の対象とし、譲歩に譲歩を重ねてきました。
 その結果、米も、酪農製品も、牛肉・豚肉も輸入拡大!。
 TPPは地域経済、雇用、農業、医療、保険、食品安全、などなど様々な分野に多大な影響を及ぼします。
 自民党が政権を奪還した衆院選挙ではウソつかない。TPP断固反対。ブレない。というポスターを各地で張りだしました。
 このウソを私たちは忘れません。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック