武蔵境駅北口活用構想

 JRと共同で整備をするとしてきた、武蔵境駅北口(武蔵境駅舎の東側)の市有地の活用の考え方が、新たに議会に示されました。
 中央線の高架下開発と一体的な整備を行うとしてきた市有地を含む活用計画は、JRの都合で先延ばしとなりました。
 今回、市はJRとの共同整備ではなく、官民連携(PPP)による施設整備を進めると議会に説明がありました。
 整備計画地は、武蔵境駅北口の駅舎の東側。
 市が所有する約600㎡の場所で、 市が定期借地権を設定し、民間に貸す。
 民間事業者はその土地に建物を建て、市政センター他を入れる。
 建設費用は民間事業者が支出し、市政センター部分の費用は市が賃借料を払うという仕組みです。
 市政センターは2階に配置し、エレベーターをつくるということです。
 この場所は駅前ということもあり、地域の活性化に配慮した賑わいを創出にも資する活用が必要との考えから、地元との意見も聞き事業者の選定を進めると言います。
 市有地活用の事業ですから、市民の方から納得の得られる業種の選定をと要望しました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック