古館さん!もう一声!

報道ステーションで、古館さんが東京新聞の記事を紹介しました。
 2月16日の29面 小川 勝の直言タックル「政界の常識」の不思議です。
島尻安伊子沖縄北方担当相が「歯舞」の読み方を忘れたとか、丸川珠代環境相が、年間被ばく線量の長期目標について「何の科学的根拠もなく時の環境大臣が決めた」と語り、謝罪したことを取り上げ、プロ野球と対峙しています。
プロ野球のコーチが難しい読み方の選手の名前を知らないとか、投手コーチが情報の少ない打者の攻め方を知らない人は、たぶんいないと思う。
 甘利明前経済再生相のトップの責任の取り方についても言及する内容の記事です。
 古館さんが、新聞を読み上げるたびに「そうだ!そうだ!」と共感しますが、最後に。  「このように、政府批判の報道を続けると、高市早苗総務相が言う、電波停止になりかねません。」と最後にピシッと言ってくれると完璧だったと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック