5年となった3・11

 今日、3月11日。
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から、5年をむかえました。
 地震がおきた時間、各地で犠牲となられた方々を偲び、黙とうが行われていました。
 私も、介護保険の申請で訪問した役場で黙とう。
 私たちの地域では、「被災地を忘れてはいけない」との思いで、毎月11日を「被災者の支援、原発再稼働は許さない」をメインに宣伝活動を続けています。
 この活動は、いつも一緒に宣伝をしている人たちから、「11日は宣伝行動をやろう」と提起され始めたものです。
 5年経った被災地の様子はどうでしょうか。
 いまだに17万人以上の人が避難生活を強いられています。
 暮らしも、健康もあらゆる問題で深刻な実態が続いています。
 被災者の生活再建のために、一緒に運動を続けるとともに、「被災地を忘れない」宣伝活動も引き続き行っていきます。
 
 
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック