基地反対は「基地外」 県議の暴言

 自民党の小島神奈川県議が、沖縄県で米軍基地反対の運動をしている人たちを「基地の外にいる方ということで『基地外』(きちがい)と呼んでいる」と発言。
 この発言に全国から批判があがっているのは、当然です。
 小島県議は、改憲派の急先鋒である日本会議地方議員連盟幹事長代行を務めている人です。
 武蔵野市議会でも、「辺野古新基地建設反対」の意見書が可決したように、全国で、基地の縮小、返還を求める声は上がっています。
 意見書を可決した、私たち議員や、基地反対を訴える沖縄県民、全国の人たちを敵視する発言は許せません。
 
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック