吉祥寺にゾウの「はな子」の像設置へ

 今日の総務委員会で、井之頭公園で飼育され今年亡くなった、ゾウのはな子の像を設置する考えが示されました。
 ゾウのはな子は昭和29年から平成28年まで、井之頭自然文化園で飼育されていました。
 亡くなった時は、テレビ等でも大きく取り上げられ、たくさんの方々に親しまれていたことがわかります。
 そこで、ゾウのはな子の功績を伝えるために、「はな子」の像を吉祥寺に設置する実行委員会が立ち上がりました。
 実行委員長は、邑上市長。商工会議所会頭や、商店連合会会長も実行委員に名を連ねています。
 象は来年5月設置をめざし、製作費を生みだすために、募金を広く呼びかけます。
 市役所やコミセン、市政センターなどに募金箱が置かれます。
 振込等の入金も同時に行います。
 目標額は、1.000万円。
 設置場所は、吉祥寺駅北口広場(マナーポイントがあった所)に暫定的に設置し、吉祥寺南口の広場が完成した時点で、恒久的な場所を決めるそうです。
 像の大きさは、幅1.5メートルほどを考えていると報告がありました。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック