こんなにかかる入学時の費用

 子どもの貧困対策を求める質問で、就学援助の改善をあげています。
 今回の一般質問で、小中学校の入学時にかかる費用について質問しました。
 小学校では、ランドセル、上履き、体操着など入学する時に用意します。
 中学校では、制服、夏と冬が必要な学校もあります。
 ランドセルが驚くように高くなっています。テレビのコマーシャルで7万円もするのが出ています。
 中学になると、制服で、6万円とか、体操服が1万7千円、上履きが3.500円と8万円を超える地域もあります。
 この質問をする時に、今年中学校に入学した子どもさんがいる、議員が「我家でかかった費用」と教えてくれたのが、約5万8千円。
 「本当に高いな」と感じます。
 こんなに高い入学時の費用にも関わらず、就学援助は、ランドセルも制服も対象にはなっていません。
 国会で、この問題を取り上げた共産党の田村智子議員への答弁は「就学援助費は、実際にかかる費用の半分以下となっている。調査を行い、必要な改善策を考える必要がある」と大臣が答えています。
 新入学時にかかる費用について、国は小学校で、53.697円。中学校で58.603円と無作為抽出の数値も答えました。
 武蔵野市で、同様の質問をしましたが「小学校でランドセル代とあと1万円ほど。中学校で体操着等2万円に制服3万円」と答弁がじつに大雑把。
 ここに、子どもの貧困対策に対する姿勢がみえます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック