文教委員会傍聴

 先ほど、文教委員会の傍聴から帰ってきました。
 今日の文教委員会は、議案2件、陳情3件、行政報告と、比較的案件は少なかったのですが、認可保育園の新設と学校の増設に関連する陳情だったため、審議が長引きました。
 一つ一つの議案を説明すると、大事長くなりますので、20日に行われる本会議で最終結論が出てから、報告いたします。
 3件の行政報告は、「地域子ども館あそべえ及び学童クラブ事業の武蔵野市子ども協会への委託化に向けた体制整備について」「教育委員会の権限に属する事務の管理及び執行状況の点検及び評価について」「小中連携教育推進委員会報告書 教職員アンケート結果まとめ」と、関心の高い内容です。
 学童クラブの体制は、1支援単位あたり、1名の正規指導員と1名の嘱託と想定している。
 小中学校の教職員アンケートでは、不安視する声がだいぶあることがわかります。
 次回、詳しく報告します。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック