オスプレイ墜落 恐れていたことが・・。

 沖縄に配備されていたオスプレイの墜落事故。
  よその国で勝手に危険な訓練を繰り返し、あげくに事故を起こしながら、「県民に被害を与えなかった、感謝されるべきだ」と発言した在日米軍トップの傲慢な態度、許されるべきではありません。
 国民の命や安全を守るべき、若宮副大臣は「事故は不幸中の幸い」と発言。安倍政権の姿勢がよくわかります。
 マスコミも、墜落を「着水」とか「不時着」などと表現し、日本のマスコミの姿勢が問われます。
 この怒り 全国の人たちと共有し、全国的な抗議行動にしなければいけません。
 日本は、植民地ではありません。危険な欠陥機は直ちに撤去せよ!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック