武蔵野市のイクボス・ケアボス宣言

 2月3日の庁内報によると、1月31日火曜日に、市の管理職を対象としたイクボス・ケアボス研修が実施されました。
 市長が新年に、育児・介護支援をはじめとして全職員のワーク・ライフ・バランス向上を支援するとともに、自らも率先して仕事と生活を楽しむ組織のリーダーになることを宣言する「イクボス・ケアボス宣言」を行ったことを受けて研修会を実施したそうです。研修には72名の管理職が参加したことも報じています。
 「イクボス・ケアボス宣言」は今後、武蔵野市にどのような変化がもたらされるのか、関心を持ちたいと思います。
 
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック