待機児童問題から女性の貧困を考える

画像

 保育の様々な問題を取り上げてきたジャーナリストの猪熊 弘子さんの講演会に行ってきました。
 講演内容は「待機児童問題から女性の貧困を考える」です。
 子ども・子育て新制度から、全国で起きている保育所内での死亡事故。そして、保育を中心とした世界の指標で、日本があまりにも遅れている実態。様々な角度からお話を伺いました。
 講師から、一人親で非正規の家庭が待機児童となってる実態や世界の子ども施策。
 厚労省が「子育てサポート企業」として認定している企業の育休の実態など勉強になりました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック