明治政府の「教育勅語」解説は「夫に従い 逆らうな」ですが

 教育勅語を「憲法や教育基本法等に反しないような形」で教材として活用できるとした政府の答弁書。
 各層から批判が続出しています。
 稲田朋美防衛相は「(教育勅語の)夫婦仲良くなどは、現在でも通用するような価値観がある」と述べました。
 しかし、教育勅語の「夫婦相和し」とは、稲田氏の言うような、夫婦仲良くという意味とは違っています。
 教育勅語発布の翌年、文部省は解説書をまとめました。
 解説書の「夫婦相和し」についての説明には「妻たるものは夫に従順にして、みだらにその意志に戻らざらんことを務るべし」「妻はもともと知識裁量多くは夫におよばざるものなれば」とあります。
 妻は自分の意志に戻るな、知識裁量は夫に及ばない、夫に服従し逆らうなとなっています。
 女性のみなさん、いかがですか?男性のみなさん、いかがですか?
 到底、現在に通用する価値観とは言えません。
 だから、教育勅語は戦後、憲法や教育基本法の制定に伴って衆参両院で排除、失効決議が上がったのです。
 教育現場に、教育勅語の考えを持ち込むことは、許されません。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック