文化に関するアンケート 速報報告

 今日の総務委員会で行われた行政報告は3件。
 ① 武蔵野市 文化振興基本方針(仮称)の検討について
 ② ルーマニアホストタウン事業の実施状況と今後の予定について
 ③ コンビニエンスストアでの証明書交付サービスの開始について
 です。
 報告の1番目。文化振興基本方針(仮称)の検討については、アンケート調査が実施され、本日は速報版として報告がありました。
 アンケートの調査目的は、市民の文化的な体験・活動の実態や文化施策等に対する考えを把握し、基本方針に反映すること。
 アンケート対象者は18歳以上の市民、2000名を抽出し、回答率は37.8%(758件)
 参考に近隣2区、5市の16歳以上のひとを対象としたウェブモニター調査も行い、こちらは824件の回収数と報告されました。設問の内容は市民対象とは違っているようです。
 私が一番注目したのは、「あなたのお子さんは、学校の授業や課外活動、部活動以外で、過去1年間で文化的な催しや物事の観賞や体験、または文化的な活動をしましたか。」の設問に82.4%が「はい」と答えている点です。
 今回のアンケート結果報告は、速報版ですから詳細な分析が行われた後、総務委員会に報告がされる予定となっています。
 とても、興味深いアンケート調査でしたので、引き続き報告を待ちたいと思います。
 
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック