豊洲「汚染は残る」専門家会議

 18日に開かれた豊洲市場の土壌汚染対策を検討する都の「専門家会議」は4月の調査で環境基準を大きく超える有害物質が検出されたことを報告しました。
 報告を聞いた市場関係者らは、次々に発言。
 都が豊洲新市場予定地の土壌・地下水汚染について「環境基準以下にする」と約束したことについて、村松市場長は「無害化するという当時の約束が達成できていないことは事実。真摯に受け止める」と表明。
 平田座長は「専門家会議は環境基準以下にすることを目指していない。汚染は残る」と発言しました。
 「汚染は残る」との発言に、多くの人から怒りの声があがりました。
 食の安全・安心のためにも、移転は中止しかありません。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック