プレイス西側の道路計画は休止

 プレイスの西側の道路(3・4・27号線)の事業計画を休止することが先日、紙面で議員に報告がありました。
 この道路は、プレイスと観音院の間の、NONOWA口から境南通りまでの南北の通りです。
 中央線の高架化事業にともない道路幅を16メートルに拡幅することが決められていました。
 私は、この道路計画には当初から疑問を持ち、地域の方と拡幅に異議を唱える議会質問も行ってきました。
 平成11年に事業決定しましたが、お墓の墓地を移転する必要があり、毎年土地購入のための予算は執行されないままとなっていました。
 今回休止となったのは、事業期間が平成29年度で終了するため、今後も事業を進めるためには、再届けが必要となり、事業推進ではなく休止として東京都へ届をだし決定されたものです。
 休止期間は平成30年4月から平成35年3月までの5年間です。
 この間で、事業を中止するかが決まります。
 私は、昨年の6月議会でも、市民の方と相談の上、この道路問題を取り上げました。
 また、この道路に面したところに設置されている公衆トイレの洋式化を求める地域の方の要望もあります。
 地元の皆さんと一緒に、引き続き要望を市政にあげていきたいと思います。
 もう一つの道路は、山桃通りについてです。
 長く掛かった工事が終わりました。
 でも何か向けているような気がして担当課に問い合わせてみました。
 自転車専用通行帯は設置するのか?
 担当は、道路課ではなく、交通対策とのこと。
 警察と協議後自転車専用通行帯を設けるそうです。

 
 
 
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック