ごみ収集見直しに意見募集

 今日は、暑かったですね。
 議長室は、西側に窓があり開放式の窓を開けますが、部屋の中はムシムシ。
 汗がジワジワとにじみでてきます。
 議会事務局もムシムシ。
 扇風機1台では、涼しくはなれません。
 このまま、夏に突入したら、夏日が1年の半分近くになってしまいます。
 清々しい、5月に戻してほしいです。
 今日は、厚生委員会があり、「ごみ収集見直しの中間とりまとめ」「クリーンセンター不燃・粗大ごみ処理施設内発煙について」「敬老記念事業の見直し」「都有地活用(旧くぬぎ園跡地)における障害者グループホーム運営事業者の再公募の実施について」の4件の行政報告がありました。
 「クリーンセンターの発煙について」は、22日にクリーンセンターの視察が予定されていますので、視察後本日の厚生委員会の報告を含め、お知らせします。
 今日は「ごみ収集見直しの中間とりまとめ」(武蔵野市ごみ収集の在り方等検討委員会)について報告。
 主な見直しの方向性は
 ① 収集地区割と収集品目を再編し、曜日ごとのごみ収集量を平準化することで、業務効率化と中長期的なコスト抑制を図る。
 ② 資源ごみの一部(ビン、缶、有害、ペットボトル)の収集頻度を隔週化することで、業務効率化と環境負荷低減を図る。
 市民の皆さんに、意見を伺い7月を目処に検討委員会として最終報告書を取りまとめ、市長に答申を行います。
 意見募集(パブリックコメント)
 6月1日(金)から6月15日(金)まで。
 6月1日号の市報及びHPにて周知
 提出方法
  郵送、FAX、持参又はEメールにて受付(住所氏名を明記。内容は匿名にて原則公開します)
 提出先
 環境部ごみ対策課
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック