ゆっくり歩いて街を点検

共産党の地域後援会主催のタウンウオッチング。前日までは雨を心配していましたが、晴天のタウンウオッチング日よりとなりました。
 集合場所のふれあい公園には、十数名が集まりウオッチング開始です。
 公園の芝生の状況や公衆トイレを点検。
 「トイレは洋式にして欲しい。」と要望が出されました。
 プレイス西側の道路計画が休止になった経緯等の説明をしていた時には「共産党頑張れ。安倍政権は酷すぎる。議席を是非増やして下さい。」と自称隠れ共産党を名乗る男性から声が掛かりました。
 タウンウオッチングはその後、NONOWA口の改札時間の延長や高架下の道路の安全を求める声等だされ。
 都道の拡幅計画地では、車の通行等も確認し必要性のない道路計画は反対と声が挙がりました。
 参加された方からは、何時も通る所でも、ゆっくり歩いてみると色々なことが新たに発見できる。と感想を頂きました。
 タウンウオッチング後は、桜堤で起きた火災現場の近隣の方のお見舞いに伺いました。
 私の訪問を喜んでくれましたが、近隣で起きた火災だったため、火を扱うのが恐い。と言ってました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック