視察から帰って

 視察三日目は、佐賀県鳥栖市の学校給食センターの視察でした。
 武蔵野市も、ただいま給食調理場の建て替え議論中で、学ぶことがたくさんありました。
 鳥栖市の学校給食センターは、4年前に供用開始。
 単独調理場からセンター方式に変更したそうです。
 変更の理由は、現在の調理場の面積では、国の基準をクリア―できず、単独調理場の建て替えが困難と判断したそうです。
 武蔵野市はゆくゆくは、全小学校を、単独調理場にしていくことをめざしています。
 鳥栖市では、安全面を考慮し、センター方式にしたが、想定よりセンター方式は今までより費用がかかるとの説明がありました。
 残菜も、自校方式は、1.8%だったものが、センター方式になり、だんだん少なくなっているとはいえ、現在でも3.8%と倍であることもわかりました。
 食育との観点では、佐賀県の職員である、栄養教諭を3名配置していることは重要だと思います。
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック