酒田市消防団との盟約30周年記念

 武蔵野市消防団と山形県酒田市消防団とが友好消防団盟約を結んでから30年が経ちました。
 本日は、30年を記念して、武蔵野市内でお祝いの会がもたれました。
 この盟約は、全国で初めてのことです。
 1989年(平成元年)に武蔵野市・酒田市両消防団長が友好消防団盟約を結び、1992年(平成4年)に、武蔵野市・酒田市が交流を始めました。
 1995年(平成7年)武蔵野市と酒田市との災害援助協定が結ばれました。
 武蔵野市議会は、こうした歴史や酒田市の消防行政を学ぶため、5月に酒田市に議会全体で視察も行いました。
 酒田市は、人口10万4千人で、消防団員は約2千人と大きな組織です。
 本日のお祝いの会には、酒田市消防団のはしご乗りが披露されました。
 酒田の女性消防団員も4メートルのはしごの上から、はしご乗りの演技が披露されました。
 はしご乗りをこんなに身近で見るのは、初めてであり感動しました。
 
 
 
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック