高市衆院議運委員長

 29日から始まった臨時国会冒頭、高市早苗衆院議運委員長が政府提出法案の審議を優先して一般質疑を削減する審議方法見直しなどを列挙した文書を、一方的に公表したことが問題となっています。
 高市議運委員長が公表した文書には、大臣所信質疑の後は政府提出法案の審議を優先し、議員立法の審議や一般質疑は会期末前の残った時間をあてることなどを揚げています。
 国政調査権の一つである一般質疑を削減することは、行政監視機能の破壊行為です。
 しかも、この文書は与野党の協議もないものです。
 どこの議会でも同様だと思いますが、武蔵野市議会で議会運営委員長が委員に諮らず、勝手に議会運営の根幹にかかわる内容を公表したら大問題となり、委員長の不信任の声も出てくるでしょう。
 高市議運委員長は安倍首相の側近の一人です。
 安倍政権の危険性を、議会運営の面でも痛感するものです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック