全国議長会での災害義援金

 11月7日に行われた全国議長会の評議員会で、7月の豪雨災害に対する義援金の報告がありました。
 議長会が取り組んだ義援金の総額は、1億2227万2428円でした。
 武蔵野市議会は全議員が義援金に協力しています。 
 2428円という端数が出るのは不思議です。
 集まった、義援金は被害状況から算出し、配分されました。
 ところで、評議員会の報告を読むと、今年度(4月~9月まで)で、災害救援法が適用された市は、79市に及ぶことがわかりました。
 市議会庁舎が罹災した自治体が、5市あります。
 いかに、今年度が災害に見舞われた年だったかがわかります。
 武蔵野市でも災害に備える対応を重視していきたいと思います。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック