「君たちはどう生きるか」を読んで。

 1000人以上の先生に聞いた、中高生に一番読んでほしい本「君たちはどう生きるか」。
 著者は吉野源三郎氏。1899年に生まれで児童文学者であり、岩波書店の雑誌「世界」の初代編集長を務めた人です。
 「君たちはどう生きるのか」は1937年7月に発行された本ですが、戦前に発行されたにも関わらず、戦後も売れ続けています。
 そして、時代を超えた名著として新装版が2017年8月に発行され、現在第17刷となり、50万部を突破。
 初の漫画化も同時発行でただいま、10万部を突破。
 特に、若い人たちの間で、読まれているというので改めて、漫画と新装版を購入しました。
 貧困、いじめ、差別など今も通じるテーマです。
 感想は?と問われるでしょうが、お読みになった、ひとり一人何かを感じればよいのではと思います。
 

この記事へのコメント

  • 梅の花

    (^o^)なつかしい本のタイトルに~うれしくなりましたありがとうございます。
    2019年01月07日 11:59

この記事へのトラックバック