ミカレット(公衆トイレ)改修一歩前へ

 12月議会、新婦人の会から提出された、「ミカレット(公衆トイレ)の改修」を求める陳情が採択され、早速改修予算の一部が計上されました。
 内容は、改修予算として計上されたのは。
 ● ミカレットさくらづつみ
   大便器の和洋変更(男1、女2)、誰でもトイレへのベビーシート、ベビーベットの設置。
 ● ミカレットきちじょうじ
   誰でもトイレへのベビーシート、ベビーベットの設置。
   です。
 ミカレットみたかは、現在、女子大便器の1か所が配管の故障により使用不可となっている。施設は昭和45年築であり、配管全体が老朽化しているため、一部改修とするか、また、大規模改修とするかにつき検討している。
 ミカレットさかいみなみは、道路予定地上に立地しており、かつ、その道路計画の方向性につき議論が行われているところです。
 これらのミカレットについては、施設自体の取り扱いの方向性が定まったところでバリアフリー化に取り組んでいきたい。と説明がありました。
 私も、この陳情に協力し、陳情採択後も新婦人の皆さんと、担当課に説明を聞きに伺うなどしてきました。
 
 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック