ブロック塀改修補助が拡充

昨年6月に発生した大阪北部地震で、ブロック塀が倒壊し、女児が下敷きとなり死亡しました。
 これを受け、武蔵野市でも学校(PTA)の協力を得て、通学路の点検などを実施しました。
 今回、東京都が民間のブロック塀等の改修等に、市区町村が実施している補助額に対して4分の1の補助をすることになり、武蔵野市の補助金が拡充されることになりました。
内容は
撤去工事のみでも補助金対象(新規) 補助額 8000円/m 上限 64万円
改修工事(撤去+新設)6000円/m 上限 48万円→16000円/m 上限 128万円に拡充。
補強工事 6000円/m上限24万円→8000円/m 上限 32万円に拡充。
対象となるブロック塀は、接道していること。高さ1・2メートル以上。市が危険と判断した塀等です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック