外環問題協議会に参加して

南町コミセンで行われた、むさしの地区外環問題協議会の会合に参加しました。
 外環(東京外かく環状道路)は、53年前に高架の高速道路として計画決定した後、地元の強い反対運動によって、凍結されました。
 しかし、2001年、石原知事らの現地視察後の発言によって動き出しました。
 2007年に地下方式へ都市計画が変更。地上部となる外環の2は廃止されませんでした。
 地元の方は町を分断する外環の2は必要ないと考えています。
 市議会も同様の立場です。
 今日は議会が改選されて初めての、外環協議会の皆さんとの交流でした。 
 貴重なご意見をたくさん、頂きました。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック