個人の尊厳とジェンダー平等へ

共産党の参院選に向けた政策「個人の尊厳とジェンダー平等のために 差別や分断をなくし、誰もが自分らしく生きられる社会へ」が発表されました。
 政策の柱は①ジェンダー平等社会(性差による差別のない社会)の推進 ②性暴力、DV(家庭内暴力) 女性に対する暴力を許さない ③ハラスメントに苦しむ人をなくす ④LGBT∕SOGI(性的指向・性自認)に関する差別のない社会 ⑤国籍や民族の多様性を認め合い、共生する社会 を掲げています。 
 詳しい内容は、しんぶん赤旗や共産党のホームページでご覧下さい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック